本支部は大阪府電気工事工業組合九条支部と称します。
福島区、此花区、西区、港区、大正区の計5地区から構成されております。
本支部は本部組合事業の推進及び支部内の組合員の意見をとりまとめならびに伝達事業を行うほか、 当組合員の改善発達を図るための必要な事業を行い、組合員の技術向上、経営の安定・合理化及び親睦を図ることを目的としています。



【基本方針】
 日本経済は緩やかな景気拡大が続き、東京オリンピック・パラリンピック関連準備が佳境に入り、関東圏を中心に日本全体を牽引 する形となっております。又、雇用・働き方の労働環境の変化に伴い、私達電気工事業界もその変革を先取りしなければ3Kと呼ばれる業種から 脱却する事が不可能となります。労働環境の整備と後継者育成・技術者育成等の人材確保を最優先課題として推進してまいります。

【重点目標】

  1. 組合経営基盤の確立。
  2. 電気保安の確保(安全安心でかつ利便性の高さの提供)。
  3. 地域社会への貢献と信頼確保(防災協定も含む)
  4. 技術者の減少・人材不足に対する人材確保と育成
  5. 上記項目を達成するための体制・組織作り
  6. 組合活動の活性化・方向性・将来像並びに現状の「見える化」
    (ホームページの活用等)
以上の6項目を本年度の重点目標として事業を実施してゆきます。



(1)指導教育事業

 @資格取得
  1. 各種受験対策講習会の実施
  2. 法令に基づく定期講習
  3. 各種受験対策講習会
  4. 各種特別講習の開催(低圧電気取扱教育・自由研削砥石取替教育・
    特別講習会・足場の組立等の業務に関わる特別教育等)
 A施工品質向上のための技術・技能習得
  1. 講習会・研修会(新技術、新設備、機器等)     
  2. 電気工事技能大会参加への準備
  3. 計測機器校正試験
(2)情報の収集及び提供
  1. 九条支部ニュースの発行)
  2. 九条支部ホームページによる情報提供
  3. 業界動向、経営情報等の収集及び調査
(3)組合員の経営基盤の強化    
  1. 提案型技術営業の推進
  2. 分離発注の促進
  3. 損害賠償、共催制度等への加入促進
    ア)全日電工連第三者損害賠償制度
    イ)全日電工連組立保険制度
    ウ)全日電工連業務災害補償制度
    エ)全日電工連グループ共催制度
    オ)全日本電気工事業国民年金基金
    カ)オートリース
    キ)全日電工連認定生活総合保険
(4)組合組織の基盤強化    
  1. 組合員加入促進(積極的なPR活動)・支援
  2. 後継者育成
  3. 組合員・従業員への教育実施
  4. 組織の再編(総務・厚生委員会、技術経営・労務委員会・
    ホームセンター委員会の3委員会で運営)
(5)節電と省エネ及び保安の確保    
  1. でんき工事ホームセンター業務の充実(小工事処理促進)
  2. 施工証明の署名取得の推進
  3. 一般用電気工作物保守管理業務の推進
  4. 自家用電気工作物保守管理業務の参入に向けての研究
  5. 一般用電気工作物調査業務の推進
  6. エコ・新エネルギーと環境対策の調査研究
  7. 電気使用安全月間の実施
  8. 大阪市との防災協定の推進
  9. 非常災害時における設備調査等の実施協力
    (関西電力よりの依頼案件)